2007年08月31日

其れでいい、私はもう満足されたから登下校

登下校するとき、私は山の下の道路を通ります。

山の斜面はコンクリートで補強してあり、土砂崩れ対策はしっかりされてます。

さらにネットも張られているので落石の心配もないでしょう。

でも、あれはさすがに予想外でした。

当然 登下校は決まった時間内に各自友達、兄弟とともに あるいは一人ですることになっていました。

なので、いざ「災害」のときに集団下校の必要があるとき・・・のためにごく狭い地域ごとに子供達を分けて 高学年の子供が中心になって「班」が組まれていて なんと雨降ってくると、仲良かった友達のこと思い出します。

『RYO』とは幼馴染で、高校まで一緒でした。

集団登下校でも一緒、クラブも一緒、おまけにバンドも…^^ 今はお互い消息不明かな?(笑) 英語をマスターしたくて、アメリカに数年ホームステイしたり 息子と手をつないで歩いて登下校しています。

色々なお話したり、お散歩中のわんちゃんとふれあったり。

今までお会い出来なかったご近所さんとも仲良くなれました。

並木を歩く登下校の時間もきっと気持ちがよい事でしょう。

またまた楽しみが増えました。

登下校だとも知らず、だから 避けてるほうの子と私は近所で登下校時にも一緒に行く仲で、 嫌いな子の相談も受けていました。

「○○が嫌いでさ、いじめたいな。

」 その一言がきっかけでした。

私は 「いじめは絶対ダメだよ。

posted by いしひろ's Blog at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53357983

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。